活動に参加する #LIKEAGIRL、女の子らしく、という言葉が侮辱的な意味合いで使われると、思春期の女の子たちはショックをうけてしまいます。思春期は、ただでさえうまくいかないことがたくさん。だから、そんな風に言われたら、女の子はすっかり自信を失くしてしまいます。

ウィスパーは、世界中の女の子が思春期だけでなく、その後もずっと自信をもって生きて行けるように、常識を変えるような大きな活動をしていきたいと思っています。まずは、#LIKEAGIRLの素晴らしさを皆に知ってもらうことからはじめましょう。
世界中の女の子たちに力と自信を与えるための戦い
ユネスコ / ウィスパー・パートナーシップ 教育を通した女性のエンパワーメントとジェンダーの平等を世界に促進
思春期教育の支援 過去30年以上にわたり、私たちは数百万人の少女たちに思春期教育を提供してきました。
#LIKEAGIRLソーシャル活動についてもっと詳しく見る
監督の紹介 監督の紹介 監督の紹介 監督の紹介 監督の紹介

ローレン・グリーンフィールド(Lauren Greenfield)は受賞歴のあるアメリカ人アーティストで、ドキュメンタリー・フォトグラファー、映画製作者でもあります。ローレンの写真や映画は、ジェンダーや自尊心の危機、そして少女たちのエンパワーメントをテーマにしたものが多く、#LIKEAGIRLのキャスティングコールのリーダーとして最適と言えます。

ローレンは、「GirlCulture」、「Fast Forward」、「THIN」などのモノグラフやその他の写真作品を通して、若者文化、ジェンダー、そして消費者運動を記録した素晴らしいアーティストとして知られ、その作品は出版、展示され、世界中の主な美術館で収蔵されています。

「このプロジェクトは、#LIKEAGIRLという表現を、強さと自信、そしてエンパワーメントという意味と結びつけることで女の子たちに力を与えられる(そして視聴者を教育する)、素晴らしく、また重要なチャンスです。」 – ローレン・グリーンフィールド

監督の紹介 監督の紹介 監督の紹介 監督の紹介
世界中の女の子たちに力と自信を与えるための戦い
ユネスコ / ウィスパー・パートナーシップ ユネスコ / ウィスパー・パートナーシップ ユネスコ / ウィスパー・パートナーシップ ユネスコ ウィスパー・パートナーシップ

ユネスコ &ウィスパー - 少女および若い女性のための読み書きプログラム

少女たちが皆、夢や希望を抱いているのは、世界のどの国でも同じです。誰もが同じようにこの夢を実現させる力を持つべきだと思いませんか?

ウィスパーでは、少女たちが素晴らしい個性を発揮するのを阻止するものがあってはならないと考えています。少女たちに力を与える唯一かつ最大のチャンスは何でしょう? 教育です。

2011年の時点で、基本的な読み書き能力が不十分な成人女性が世界中に約5億人もいました。セネガルだけでも、何と2010年に10人中4人の少女が小学校を中退。この状況を放ってはおけません。ですから2011年、ウィスパー とユネスコは、アフリカの数千人の少女たちに読み書き教育を与えるために力を合わせることにしました。今日では、ナイジェリアとセネガルの10万人の少女たちがこのプログラムの恩恵を受け、夢をかなえるために欠かせない教育を受けるチャンスを手にすることになりました。

ユネスコ / ウィスパー・パートナーシップ ユネスコ / ウィスパー・パートナーシップ ユネスコ / ウィスパー・パートナーシップ
世界中の女の子たちに力と自信を与えるための戦い
思春期教育の支援 思春期教育の支援 思春期教育の支援 思春期教育の支援 思春期教育の支援

思春期教育は、少女たちがしっかりとした自信をもっていくために、とても大切なこと。少女たちは月経や体の変化を理解し、思春期というデリケートな、人生の大きな変わり目に起きる事を正しく理解することができます。

ウィスパー・ブランドは、30年以上にわたり、世界の数百万人の少女たちに思春期教育を提供してきました。毎年65か国1700~2000万人の少女がこのプログラムの恩恵を受け、世界の50万人以上の教育専門家がウィスパーによる思春期教育プログラムの教材を使用しています。

このプログラムは、ユネスコ*の思春期教育と月経衛生管理のための新しいガイダンスの一環として認められています。

さらに詳しい情報は、のサイトをご覧ください http://www.pgschoolprograms.com/

* 国際連合教育科学文化機関

思春期教育の支援 思春期教育の支援 思春期教育の支援 思春期教育の支援
#LikeAGirlソーシャル活動