頭の中で何が起こっているの?

思春期のこころの変化

思春期に入ったあなた。自分のこころが前とは違うものに変化していることに、すでに気づいているかもしれませんね。そうした変化には、明るく楽しいものもある一方、なかなか乗り越えにくいものもあります。ここでは思春期特有の、感情面でのさまざまな変化を説明しますので、参考にしてください。

考え方の変化

今までよりも考え方が抽象的になり、物事を分析したり、子供ではなく大人のように思考できるようになります。

感情表現がより豊かになる

自分の気持ちについて、今までよりもはっきりと理解できるようになります。喜びであれ、悲しみであれ、自分の感情を豊かに表現することができるようになります。これを通じて「自己」、つまり自分とは何かについて、はっきりと理解できるようになります。ただし自意識も強くなるので、今までよりも他者に心を開きにくくなることもあります。

感情的になる

両親や友達に対して、すぐにカッとなることがあります。以前は気にならなかった些細なことでも、怒り出すことがあります。小さな妹がいれば、特にいらだたちを感じるようになるかもしれません。思春期はホルモンが変化するため、怒りやすくなるのは正常なことです。実際、同じ理由で、多くの女性は月経前にイライラします。また気分の浮き沈みも、思春期全体を通じて一般的なことです。例えば、とてもハッピーに感じていたのに、次の瞬間にはひどく頭にきたり、悲しくなったりすることです。もしも怒りがこみあげてきたら、お母さんや友達に怒鳴ってしまう前に、10数えて考えなおしてみましょう。効き目があります。

涙もろくなる

とても深刻なことが起きた時、悲しくなって、または失望して泣くこともあるでしょう。その一方、体育館にお気に入りのTシャツを置き忘れてきただけで、突然号泣してしまったりします。これもまた、普通のことです。こうしたことは、月経前症候群(PMS)の女性の多くに起こる現象ですが、思春期を通してほとんどの女の子が経験します。今はちょっと感情的な時期なのだ、ということを受け入れましょう。

女性らしさを感じるようになる

今までより、自分の中の女性らしさを感じるようになる人もいるでしょう。男の子たちとサッカーをするのが好きだとしても、友達とマニキュアの話をするのが好だとしても、どちらも思春期では正常なことです。

自分が変だと思う

友達と自分自身を比較して、自分は何か変だと感じていませんか。自分自身に不安を感じているかもしれませんね。でも、実は他のみんなもそう感じているのです。そして、みんなと一緒だったらいのに・・・と感じているこの時期こそ、実は、あなたの人格が成長し、個性が伸びる時期でもあるのです。それに、同年代の女の子は皆、自分のことで精一杯。あなたのことを、あれこれ考えたりはしていないので安心しましょう。

思春期には正常なこと

「それは正常なこと」・・・そう何度も繰り返していますが、本当にこうしたことは、どれも正常なことなのです。人生のこの特別な時期に、自分自身について、また思春期のこころの変化について、たくさんのことを学んでください。気持ちを落ち着かせるには、他にも次のようなことを試してみるといいでしょう。

  • 健康に気をつけましょう。例えば、夕食はアイスクリームだけ、といった特定の食べ物だけしか食べないのはよくありません。
  • 果物や野菜をたくさん食べましょう。
  • 運動しましょう。運動は、体と心の健康を保ちます。テニスボールやルームランナーに怒りをぶつければ、気分がスカッとします。
  • 誰かと話しましょう。両親や学校の先生は、意外と頼れるものです。また、別の大人のほうがよければ、その人を頼りにしてもよいのです。
  • あなたの友達は、同じ経験を分かち合う相手としてはいいですが、あなたに必要な情報をもたらしてくれるとは限りません。思春期を過去に経験した、年上の誰かと話してみましょう。
  • 学校の授業や趣味に集中するのもいいことです。今は脳の成長期なので、それを活用する絶好のチャンスです。以前好きだった趣味も、今はもっと楽しめるようになるでしょう。また、新たな興味の対象も見つかるでしょう。
  • 何か創造的なことをして、色々な新しい感情を表現してみましょう。

出典

  • Holmes and Hutchinson. Girlology’s There’s something new about you. Mass General Intellectual thinking.