月経のしくみ

月経サイクル

初耳かもしれませんが、月経サイクルは必ず1ヶ月に1度、というわけではありません。ほとんどの女の子の場合、平均月経サイクルは28日ですが、サイクルが21日から35日の範囲なら正常です。月経サイクルにおける、「第1日目」とは、月経の最初の日、つまり出血が始まった日を指します。月経サイクルが短い人は、1ヶ月に月経が2度来ることがあります。逆に、月経サイクルが長い人は、年間の月経の回数が少なくなります。一般的に、女の子の月経は10歳から13歳の間(平均で12歳)に始まります。月経が定期的になるまで、1年から2年かかることもあります。月経は 妊娠しない限り、だいたい月に1回来ます。そして51歳ごろに月経が止まる閉経の時期まで 続きます。

生殖器官と月経のしくみの関係

月経サイクルについて学ぶにあたり、女性の生殖器官の構造について知っておくとよいでしょう。
生殖器官は次のものから構成されています。

  • 2つの卵巣:卵(卵子)がある場所で、ここから排卵されます。また、卵巣はホルモンを分泌します。 (※人間の卵子は小さくて、完全な大きさに達した時点でも、120ミクロンまたはマイクロメートル程度です。人間の髪の毛の幅とほぼ同じサイズです。)
  • 子宮:受精卵が着床する場所で、生まれるまでの赤ちゃんがいるところです。
  • 2つの卵管:2つの細い管を指し、卵が卵巣からここを通って子宮に移動します。
  • 子宮頸管:子宮の下部で、膣につながっています。
  • 膣:子宮から体外につながっている柔らかい通路で、ここから経血が流れ出ます。 (※ 膣は体の内部にある部分で、外側にある見える部分は外陰部と呼びます。)

月経サイクルをコンロトールするもの:ホルモン

毎月、生殖器官は規則的なパターンで変化を繰り返します。これをコントロールするのがホルモンで、具体的にはエストロゲンとプロゲステロンの量が増減することをいいます。
ホルモンの量が増えると、卵巣が卵子を育て、排卵します。これは排卵期と呼ばれます。排卵後、妊娠の準備として、ホルモンにより子宮の内膜が厚くなります。
毎月、どちらかの卵巣から1つの卵子が放出され、卵巣につながっている卵管を通って移動します。妊娠しなければ、卵子は経血とともに体外に出ていきます。エストロゲンとプロゲステロンの量が減り、子宮の内膜がはがれ落ちて、体外に出ていくのです。これが月経時の出血、つまり月経なのです。排卵から月経の開始までは、およそ2週間あります。

 

月経サイクル

  1. 排卵前
    女性のからだには、数千もの卵子をもつ、2つの卵巣があります。 毎月、ホルモンがどちらかの卵巣に、排卵するよう指令します。それと同時に、子宮(赤ちゃんが育つ場所)の内側にある柔らかい膜(子宮内膜)が厚くなり始めます。
  2. 排卵
    1つの成熟卵(2つの場合もあります)が卵巣から放出される時が、排卵です。卵子は放出されると、卵管を通って、厚みを増した子宮の内膜へと移動します。ここで卵子が男性の精子と受精すれば、赤ちゃんの成長が始まります。排卵後に受精するには、排卵から24時間以内である必要があります。そうでなければ、卵子が退化してしまうからです。排卵は通常、次の月経の2週間くらい前に起こります。
  3. 排卵後
    排卵後、受精卵の着床を準備するため、子宮内膜がどんどん厚くなっていきます。卵子が受精しなければ、子宮内膜の成長を刺激するホルモンの分泌が、排卵から約2週間後に止まります。すると内膜がはがれ落ち(これが月経です)、次の月経サイクルが始まります。
  4. 月経
    子宮内膜は、赤みを帯びた液体になって膣を通って体外に出ます。その量は一般的に、1回の月経で約1/4カップ程度です。(もっと多く見えるかもしれませんが。)この液体の流出、つまり月経は、3~7日間続きます。出血した最初の日が、月経の第1日目となります。

卵子について

  • 女性は一生の間に成熟卵を約400個、排卵します。
  • 卵巣に残っている卵子の数は、年齢により異なります。
  • 母親の子宮にいる20週目の女の子の胎児は、生涯で最も多い数となる約700万個の卵子をもっています。
  • しかし生まれる前までに、ほとんどの卵子が排卵されます。
  • 出生時には、卵巣の中に残っている卵子の数は200万個に減少しています。そして出生後も卵巣は排卵を続け、思春期も続きます。
  • 思春期が始まる頃に卵巣に残っている卵子の数は、30万~50万個です。
  • そして、一生の間に成熟卵になるのは、わずか400個ほどになるのです。
Always

出典

  • The American Congress of Obstetricians and Gynecologists (ACOG), Patient brochure 041

  • ACOG, Factsheet: Toolkit for Teen Care, 2nd Edition

  • ACOG, Medical Student Education Module 2008

  • Comprehensive Gynecology Review, 3rd edition; editors, Ling FW, Vontver LA, Smith RP

  • Bloom and Fawcett: A Textbook of Histology, 11th edition, by Don W. Fawcett

  • Emans, Laufer, Goldstein's Pediatric and Adolescent Gynecology, 4th edition, by S. Jean Emans and Marc R. Laufer