月経痛(生理痛)について

月経痛(生理痛)

人生で一度も月経痛を経験したことがない方は、とてもラッキーです。残念ながら実際には、多くの女性が月経前や月経中の痛みに悩まされています。激しい月経痛は、月経困難症と呼ばれます。
通常、月経の痛みは穏やかなものです。しかし、重くなる場合もあります。痛みは、おなかを抱え込みたくなるような鋭いものから、おなか全体と腰に広がる鈍痛まで、様々です。また、めまいや吐き気、下痢、嘔吐におそわれる女性もいます。
月経痛には、一次性のものと二次性のものがあります。 一次性月経困難は若い女性に多く、ほとんどの場合、20代半ば以降と出産後に軽減します。 二次性月経困難は、子宮内膜症や子宮筋腫、骨盤内癒着、卵巣嚢胞などのトラブル、または子宮内避妊器具(IUD)の使用が原因で起きる場合があります。

月経痛の原因

月経痛は、プロスタグランジン(子宮内膜で生成される物質) が子宮を収縮するために起きると考えられています。 プロスタグランジンのレベルは、月経の始めに最も高く、月経が進むとともに下がります。排卵していない場合、月経中に痛みを感じることはほとんどありません。医師が月経痛を緩和するために薬を処方することもありますが、女性によってはこれが原因で異常出血することもあります。

月経痛の緩和

月経痛の諸症状を緩和するには、次のような方法を試してみてください。

  • イブプロフェン、ナプロキセンナトリウムなどの市販の鎮痛剤は、プロスタグランジンの生成を抑制し、月経痛を緩和します。 ただし出血性疾患、肝疾患、胃病、潰瘍がある場合は、このような医薬品を服用する前に、医師に相談してください。
  • 定期的な運動やストレッチはとても効果的です。
  • 瞑想やヨガを行ってリラックスしましょう。
  • 月経の前と最中に十分な睡眠をとれば、不快感がやわらぎます。
  • ビタミンB1やマグネシウムのサプリメントも痛みを緩和します。
  • 入浴でからだを温め、下腹部や腰にカイロを当てましょう。
  • ホルモン避妊薬も月経痛を緩和します。ただしこれらの使用にあたっては、必ず医師の許可を受けてください。

出典

  • ACOG brochure 46 Dysmenorrhea.